<ピカール気球で成層圏へ>
1931(昭和6)年のこの日、スイスの物理学者であり、冒険家でもあるピカールが水素気球で高度16,940mの成層圏まで上昇した。 これは世界初の快挙である。